流通系クレジットカードは審査が甘い

審査がゆるいクレジットカードと言えば流通系のクレジットカードです。スーパーなどの店頭で募集をしていてキャンペーンをしているような時が狙い目で結構な確率で審査を通ります。

自身の経験で言うと、その一つとなるのがセブン&アイカードです。セブン&アイカードを作った当時、一時的に無職だったのですが、ヨーカドー店頭ですすめられたのでとりあえず申込みだけしてみるかと思い申し込んだところ、無職でも審査に通ってしまいました。カードの会員獲得を強化している時期は狙い目なのでしょう。

ちなみに、その時セブン&アイカードの審査に通り、その後楽天カードにも申込みをしてみましたが楽天カードの審査は落ちてしまったので、審査が甘いと評判の楽天カードに落ちたようなステイタスでも通ってしまうセブン&アイカードはかなりの甘い審査なのではないかなと思います。

クレジットカード審査に不安があったり、他社の甘いと評判のクレジットカード審査に落ちてしまったと言う人は、セブン&アイカードに申し込みをしてみるのも良いかなと思います。

カードを利用しないと年会費がかかってしまうクレジットカードですが年間で5万円利用すれば年会費もかからない、そして審査も甘いのでおすすめです。

大女優 ナタリー・ポートマン

今や世界的に有名な大女優として活躍したナタリー・ポートマンのことを初めて映画館で観たのはリュック・ベッソン監督の映画『レオン』(英題:The Professional)でナタリーが子役を演じた時のことでした。

ニューヨークに暮らす彼女の家族はある日皆殺しにされ、運よく命拾いした彼女は一匹狼の殺し屋レオンとの友情を育むちょっと寂しい物語でした。ナタリーがあまりに幼かったので、彼女の表現力に世の大人達は驚き話題になったものでした。

それから随分と月日が流れ、私はアメリカ東海岸のボストンで暮らしていました。1997年のある日、ローカル新聞に第2次世界大戦中にナチスドイツがユダヤ人を弾圧した時のことを綴った名作『アンネフランクの日記』の劇場公演が行われる広告が出ていて、主演のアンネ役にナタリー・ポートマンが起用されることを知りました。映画レオンでの彼女の演技があまりに素晴しかったので、早速チケットを入手しました。映画ではなく彼女の演技を劇場で生で見てみたかったのです。

戦時中の暗い世界の中で静かに隠れて暮らしていたアンネが感じていた恐怖と不安を表現するナタリーの表情は、私が今まで観た女優の演技の中でも最高のものでした。

私は物語の中に引き込まれ、その時代の人々が感じていたであろう気持ちに共鳴していました。イスラエル出身ユダヤ系アメリカ人の彼女にとって、アンネの日記は自分のことのように考えていたように見えました。

その後、映画Star Warsの新3部作シリーズでPadmé Amidala Naberrie役を演じてキャリアをさらに飛躍させています。当時、私が暮らしていた街ボストンのハーバード大学でナタリーは学生をやっていてそうで、たまに彼女を見かけたという話を小耳にしていました。

その後は映画ブラック・スワンなどで活躍していましたが、私にとっての彼女のベストパフォーマンスは今でも『アンネの日記』です。彼女の演技を劇場で生で見られたのは貴重な経験でした。

新車購入の為に買い取りしました

今から3年前ぐらいのお話ですが、新車を購入することを決意しました。
今乗っている車はどうしようと考えました。

ディーラーで下取りをするのか、インターネットでオークションに出すのか、それとも車買い取り専門店に出すのか悩んだ結果、友人のすすめで買い取り専門店に売ることに決めたのです。
インターネットで複数のお店の査定額を比較でき、すぐに一番高く買い取るお店がわかる見積もりサービスがあると言われましたが、当時、パソコンに慣れていない私には出来なかったので、実際に専門店に行き、見積もりを出してもらう方法にしました。
友人に高く売るコツを聞きました。

まず、売る前は、内外装はきれいにすること。
やっぱり第一印象が大事だからです。
次に売るなら早い方がいいとのこと。

これは車の価格は、日々変化し、週単位で数十万円の差が出るみたいです。
続きましてエアロ部品やアルミホイールなどの純正以外の部品は、人によって好き嫌いがあるので、純正部品にかえられるものは交換し、純正部品以外のものは、中古パーツ買い取り専門店に売った方がプラスになるそうです。
以上のことを気をつけ、3店の買い取り専門店に自分の足で行きました。

まず1件目は50万円、2件目は46万円、3件目は40万円と意外に差があると思い、やっぱり3店まわってよかったと感じました。
結果一番高く見積もっていただいた1件目の買い取り専門店に売ることを決め、そのお金を新車購入の一部にあてることができました。

昨今の金融機関の即日融資の特徴

手持ちのお金が足りなくなった時、金融機関から借りるという手がありますが、大抵の場合、そのお金がいつ必要なのか、それは今だということがほとんどですから、ローンの申請申し込みから融資に至るまで何日も経過するのであれば、借り手に取ってあまり意味あるものではありません。
そこで、一部の銀行や消費者金融では、こうした借り手の要求に満足しようと、様々な手段を講じています。
ひとつはインターネットによる申し込みです。

実はこの申し込み方法も導入当初は、身分証明書や収入証明の写しを郵送していました。
どんなに速達で送っても、当日郵便が到着するとは考えられません。
ですから、ここで1日以上は失っていました。

そこで、各金融機関では、ネット本来の便利さを利用しようと、こうした写しの書類の送付をアップロードにしているのが昨今の流れです。
スキャナーやデジカメでの写しをファイル添付形式で送ります。
これにより往路の郵送が省けました。
次がキャッシング用のカードの発行です。

従来では、カードを作成し、それを本人住所に郵送していましたから、これだけも早くて3日、長ければ10日以上もロスしていました。
そこで一部の銀行や消費者金融では、元々の支店網を利用した自動貸付機やテレビ窓口を設けることでその場でのカード発行を可能にしています。
申し込む時間帯にもよりますが、即日融資にこぎつけることも可能になりました。
即日借りるキャッシング

また、こうしたインフラを持っていない銀行でも、既存預金口座保有者であれば、お手持ちのキャッシュカードが融資OKとなったら即日、キャッシング用のカードと兼用になるというものも登場しています。
キャッシュカードの磁気やICの情報を自社側システムで書き換えるだけですので、これにより、貸し手にとっても、ようやく90年代にソーシャルコマース型システムに投資したメリットが出るわけです。

~天は二物を与えて当たり前!?な海外の旬な女優達~

海外の華麗な女優たち、美しいことは必須なのは、今も昔も変わりませんが、近年では、美貌だけだはなく、秀でた才能も必須条件のようです。特に目立つのが、歌唱力を備えた女優たちです。

映画「ハイスクールミュージカル」に出演したアシュレイ・テイスデイル、ドラマ「glee」に出ているリア・ミシェル、「SMASH」に出ているメーガン・ヒルテイなど、旬の女優たちはミュージカルの要素の強い作品からヒットすることが多いです。以前には、ジェニファー・ロペスやコートニー・ラブ、ジェシカ・シンプソンが歌手と女優を両立させていましたが、どちらも女優業の方が本腰で、歌うことは「ついで」と言う感じが否めませんでしたが、今の女優達は歌唱の力も本物で、演技も歌唱も両方が才能のある人々を魅了するものであることは確かです。

若手ではありませんが、ハリウッドのセクシーな魅力で引っ張りだこの女優、スカーレット・ヨハンソンも歌手活動を始めています。どちらかというと、ミュージカルやバンド活動からの転身が多い女優の中で、女優から歌手になるという珍しいパターンです。成熟した魅力の大人な女優がどのような歌声を聞かせてくれるか楽しみでもあります。

ちなみに、女優から歌手になったのは、ジュリエット・ルイスがいますが、バンド名もあまり知られておらず、やはり女優業を超えることはできなかったようです。ぜひ、これからの女優達には歌も女優業も楽しんで欲しいですね。今、旬の、マリオン・コテイヤール、エマ・ストーン、ジェニファー・ローレンス、エマ・ファニング・・みなさん、美しい声をお持ちなので、ぜひ歌声も効かせてほしいです。感情に任せて歌う姿も美しいこと必須ですから。